メラニンの生成を抑える美容成分は?シミ対策にはこのコスメ

メラニンの生成を抑えよう次から次へと作られるメラニンをストップ!シミ・くすみ対策に

【ビタミンC誘導体】

シミの発生原因を断つことで肌に透明感を。


【ハイドロキノン】

今あるシミを集中ケア!肌の奥にある「シミの元」にもしっかりアプローチし、色ムラのない肌へ。


メラニンの生成を抑えるための徹底美白ケア

チェックビタミンCを摂る

肌の新陳代謝に欠かせないビタミンC。
ビタミンCを摂って美白対策メラニンの排出や肌のキメを整えるためにも欠かせない栄養素です。
熱に弱いビタミンCはフルーツやサラダで摂るようにしましょう。

チェックシミを作らないための美白ケア

日焼けやホルモンバランスの乱れによってできるシミ。
そのままにしておくとメラニンがさらに沈着し、濃くなってしまうことも。
そうなってしまう前に、美白化粧品でしっかりお手入れすることが大切です。

美白化粧品には「予防するもの」と「漂白するもの」があります。
今あるシミを漂白しつつ、これからできるシミを作らせない予防をしましょう。


チェック今ああるシミに有効なのは?

漂白美白・・・ハイドロキノンは出来てしまったシミに働きかける有効成分です。
皮膚治療でも用いられるハイドロキノンが入った基礎化粧品で、自宅で手軽に本格ケアが可能です。

チェックこれからできるシミの予防には?

予防美白・・・ビタミンC誘導体アルブチンといった、厚生労働省の認可が降りた美白成分を。
あとは、使用感とあなたのお肌との相性によって判断しましょう。

これらの条件が揃った美白化粧品は・・・

アンプルール

メラニンは生成を抑えることができる?!美白コスメは正しく選ぼう

一人ひとりの体質が異なるように、肌の状態や肌質も人それぞれ。どんなに良い美白成分も効果を感じやすい方と、残念ながらあまり効果が見られない方がいるものです。
30代後半から突然気になる人が増えるシミ。美白コスメはどれを選べばいいのか迷ってしまいますが、基本的にはお試しサイズのものやトライアルセットから使用し、肌状態をみるのが正しい基礎化粧品の選び方です。
年齢と共に現れるシミは「老人性色素斑」と呼ばれます。「老人性」と聞いて、ドキッとしてしまいますが、シミのタイプでは最も多いのがこれ。
別名「日光性黒子」とも呼ばれ、紫外線の影響で出来てしまうシミがこれにあたります。
はじめは薄い茶色ですが、だんだんと濃く、はっきりわかるようになってくるのが特徴です。
当然濃くなればそれだけ対策するのが難しくなり、時間もかかってしまいますので、気付いた時は早めに美白対策をするようにするのが得策です。
また、今あるシミだけではなく、お肌の深部には、これからシミとして浮き出てくるシミ予備軍が存在しています。
せっかくシミが薄くなってきたな、と思った頃に、別の部分にシミが出来てしまうということを避けるためにも、メラニンの生成を抑えることが大切です。
通常、メラニンはターンオーバーとともに排泄されますが、何かの影響でメラノサイトが過剰に活動し、メラニン色素が作られ続けるとシミになります。
これらを抑える美白成分として厚生省が認めているものにはビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸など、種類は多岐に渡っています。
必ずしも上記のような医薬部外品のものが効くというわけではありませんが、シミ対策化粧品にどれを選べば良いかわからないという場合は、医薬部外品の成分が配合されているものから選ぶというのも1つの方法です。